LINE UP

でぶコーネリアスEX

デモテープつくりました。
買って聴いてね!

Enya’Callers

2013年春、結成。
2019年春、本格的に活動を開始、とともに都内で俄かに噂されるようになる。
東京のどこからか湧いて出た、9人組バンド “エンヤコーラーズ / Enya’Callers”

某音楽サークルの呑み部長だったワタナベを中心に、ギター・ベース・キーボード・コーラス・ドラム・パーカッションから、ノイズ担当・スピリチュアルアドバイザー (他称) までを擁する、酔狂な、いける口、総勢9名。

その音楽は、みんなの中にある日常の風景に、AOR・エキゾ・イージーリスニング・フォーク・ノイズ・アンビエント・ロック・フュージョン、またはそれ以外の言葉にならない何かを溶け込ませ、つっかけのままお邪魔しているような、形容得難いバンド・フォーメーション。日々の生活に根ざした音楽です。

越境ダンスホールDJ’S

越境ダンスホール
新宿ドゥースラーを拠点としたVIBES高めIQ低めの楽しい無国籍パーティー。
DJ : PooLSharK,MORO,uenos aires,
占いとDJ : あわい

越境ダンスホール3周年MIX ダイジェスト

https://soundcloud.com/dj-pool-shark-2/3mix-digest

五味岳久(LOSTAGE)

1979年生まれ、奈良県桜井市出身。2001年に実弟・五味拓人と共にロックバンドlostage(LOSTAGE)を結成、現在も地元・奈良を拠点に精力的に活動中。実店舗兼インディーレコードレーベル「THROAT RECORDS」主宰。2017年6月より、7枚目となるフルアルバム『In Dreams』を、ライブ会場と「THROAT RECORDS」店頭およびオンラインストア限定で販売するという、正に手売りのみで販売。現在の音楽シーンの中で新たな生き方を模索し、取り組む独自の生活感が多くの人に新たな目線を与えている。

imai(group_inou)

group_inouのTRACK担当。2017より本格的にソロ活動を開始。クラブからライブハウスまで、これまで以上に活動の幅を広げる。フジロック、BAYCAMP、森、道、市場、ボロフェスタ、全感覚祭等の大型イベントにも出演。橋本麦が手掛けた「Fly feat.79,中村佳穂」のMVはVimeoのStaff Picksに選出、新千歳空港国際アニメーション映画祭の観客賞を受賞、香港のifva awardsで特別賞を受賞するなど、世界中で話題となっている。

JAPPERS

2009年頃高幡不動で結成した6人組。2012年に「Lately EP」、2013年に3ヶ月連続7インチシングルのリリースを経て、2014年にDead Funny Recordsより1stアルバム「Imginary Friend」をリリース。 下北沢スリーを中心に活動、同世代のミュージシャンの間で大きな話題となる。2017年にキリキリヴィラよりアルバム『formulas and libra』をリリース。
70年代の感性、90年代のリズム、アメリカ的な大きいサウンドと自在なメロディー、いまの日本にはまったくいないタイプのバンドとして頭角を表す。ペダル・スティールを自在に展開させ、リズムは重くしなやか、そしてボーカルの歌声は深く力強い。

KEISHI TANAKA

ミュージシャン。作詞家。作曲家。Riddim Saunterを解散後、2012年よりソロ活動をスタート。

続けざまにリリースされた『Fill』と『Alley』という2つのアルバムで、シンガーソングライターとしてバンド時代とは違う一面を見せる。"Floatin' Groove"が、FM802をはじめ全国のラジオ局で多数パワープレイに選ばれるなど、細部にこだわりをみせる高い音楽性を持ちながら、幅広い層に受け入れられる音楽であることを証明した。2016年には3rdアルバム『What's A Trunk?』を発表。
Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERS、Ropesなど、さまざまなミュージシャンとレコーディングをして話題となる。アルバムの他にも、詩と写真で構成された6曲入りソングブック『夜の終わり』や、絵本『秘密の森』など、自身の世界観を表現する多様な作品をリリースしている。2018年にはストリーミングとレコードのみでシングルリリースを重ね、2019年に4thアルバム『BREATH』を完成させた。
ライブハウスや野外フェスでのバンドセットから、ホールやBillboardでの11人編成ビッグバンド、さらには小さなカフェでの弾き語りなど、場所や聴く人を限定しないスタイルで年間100本前後のライブを続けている。自主企画として、バンド編成の[NEW KICKS]と、アコースティックの[ROOMS]を不定期に開催中。

また、2017年4月に詩集『真夜中の魚』(シンコーミュージック・エンタテインメント)を発売し、文章にも注目が集まる。『ランドネ』(エイ出版)での連載は4年目に突入。

LEARNERS

モデル・歌手の紗羅マリーと松田”CHABE”岳二にユニットから発展した5人組ロックンロールバンド、LEARNERS(ラーナーズ)。

2015年6月、BLACK LIPSとの共演などを経て、ドラム古川太一、ベース浜田将充、ギター堀口チエをメンバーとして迎え入れ本格的にバンドとして始動。

プロデューサー兼リーダーの松田”CHABE”岳二による選曲は本当の音楽好きから支持を得つつも音楽を聴き始めたばかりの初心者達(ラーナーズ)をも最高に楽しませてくれるに違いない。

GORO GOLO

2000年結成。
GORO GOLOは、カクバリズム角張渉・kilikilivilla安孫子真哉のレーベルstiffeenにより見出されたバンド。その後11年の活動休止を経て、2013年に突如としてP-VINEより新譜をリリース。以降活動が活性化。
近年、Feelin’Fellows・歌舞伎町Forever Freeなど、松田chabe岳二や浅見北斗 (Have a nice day!)らと共に、語り草となるパーティーをメイクし続けてきた。
東京をベースに亜流のSOUL/PUNKを展開中。
秋にアルバム最新作を発表予定。
5人のメンバーを中心に“多様性”のキーワードを軸に様々なセッションメンバーを迎えて活動のスタイルを変化させている。

マヒトゥ・ザ・ピーポー

2009年 バンドGEZANを大阪にて結成。作詞作曲をおこないボーカルとして音楽活動開始。
2011年沈黙の次に美しい日々をリリース。全国流通前にして「ele-king」誌などをはじめ各所でソロアーティストとしてインタビューが掲載されるなど注目が集まる。
2014年、kitiより2ndアルバムPOPCOCOON発売。
2014年には青葉市子とのユニットNUUAMMを結成し、アルバムを発売する。
2015年にはpeepowという別名義でラップアルバム Delete CIPYをK-BOMBらと共に制作、BLACK SMOKER recordsにてリリース。
野外フェスである全感覚祭やZINE展を主催したりとボーダーをまたぎ自由なスタンスで活動している。

OLEDICKFOGGY

Member
伊藤雄和(Vocal、Mandolin)
スージー(Electricguitar、Acousticguitar、Chorus)
TAKE(Doublebass)
四條未来(5string banjo)
大川順堂(Drum、Chorus)
yossuxi(Accordion、Keyboard、Chorus)

カントリーやブルーグラスを基盤としたラスティック・ストンプな楽器編成ながら、エモーショナルでポリティカルな日本語詩と60年代後半~70年代前半の日本のフォーク、ニューミュージック的な暖かいメロディー、そして時にはハードな音も出す側面を見せるのが特徴。2012年3rdフルアルバム「いいえ、その逆です。」、2014年4thフルアルバム「新世界」(PX280)ではより一層、ポップに、ハードコアに、エモーショナルに、ラスティックに進化を遂げ、ジャンルを超えた独自のスタイルを展開。そして、ライヴの衝撃的な素晴らしさが様々なジャンルや世代の支持者をクロスオーヴァーしながら増殖。現在ライヴのオファーも非常に多く、年間ライヴ数平均約100本。楽曲、歌詞の美しさが全ての観客を巻き込む、現代日本のロック・バンドの中で最も要注意すべき革命の音楽。奏でる音色は極悪フォーク、溢れる煮汁はパンクの魂。ダーティ・ラスティック・ストンプ!!!

p/am crew

p/am -past age meeting-
月に一度 shimokitazawaTHREE にて平成生まれの同世代がmeetingと称し集う。
毎月違うDJやBANDを迎え毎月新しい出会いと乾杯がある。
初めて来た人も毎月居る人も親しみやすさと新鮮さを実感するparty。

サイプレス上野とロベルト吉野

マイクロフォン担当:サイプレス上野、ターンテーブル担当:ロベルト吉野。通称『サ上とロ吉』。
2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。“HIP HOPミーツallグッド何か”を座右の銘に掲げ、“決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント”と称されるライブパフォーマンスを武器に、毎年多くのライブを行っている。 また、ロックイベントへの出演やアイドルとの対バンなど、ジャンルレスな活動を繰り広げ、ヒップホップリスナー以外からも人気を集めている。

2018年11月28日には、TVアニメ「グラゼニ」主題歌「メリゴ feat. SKY-HI」や石野卓球プロデュース「ホラガイHOOK」、プロバスケットボールB.LEAGUEのチーム、YOKOHAMA B-CORSAIRSの「2018-19シーズン公式ソング」に決定した「RUN AND GUN pt.2 feat.BASI、HUNGER」などを収録した通算6枚目のフルアルバム「ドリーム銀座」をリリース。
2019年3月からは全国11箇所をまわる「ドリーム銀座」リリースツアー2019~青春の決着~を開催。同年6月には「ドリーム銀座外伝~夢一座~」を配信限定でリリース。

現在、サイプレス上野は『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)、『流派-R SINCE2001』(テレビ東京系)、『Tresen』(FMヨコハマ)、『水曜The NIGHT』(AbemaTV)にレギュラー出演、その他TVCMナレーションなど、越中詩郎級の『やってやるって!』の精神で多方面に進撃中。

曽我部恵一

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。
'90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。
1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。'70年代の日本のフォーク/ロックを'90年代のスタイルで解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。
2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。
2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。
以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。
http://www.sokabekeiichi.com

and more

Make Noise Not War

荒井清弥

生年月日 1996年2月22日(23歳)
出身地 静岡県

新宿、渋谷、下北沢を中心に活動するシンガーソングライター。バンド、ソロ、ユニットなど様々な形でその音楽を展開している。
その力強い歌声はどこか優しく人々を包み込み、その心を掴んで離さない。

camisole

静岡県浜松市在住のSSW。2014年頃から弾き語りを始め、2016年に自作CDをリリース。現在は2作目となる音源を製作中。

herpiano

2002年頃結成。最新作は2019年1月にリリースしたOFFICE VOIDSとのsplit 7インチ盤。マイペースに活動中。

isagen

1994年生まれ静岡在住のプロデューサー・DJ。2012年より活動を開始し、フィンランドのレーベル「Topbillin」や「Spin the Disc」をはじめ、イギリス・ロンドンを拠点とするUK Funkyの雄でもあるRoskaが主宰する「Roska Kicks & Snares」からシングルリリースを行うなど、グローバルな活動を行っている。2018年8月には日本のダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」より「c.b.a.g. EP」をリリースした。

イカスタンジャケット

静岡の夜明け。
静岡発スリーピースロックバンド

MaCWORRY HILLBILLIES

2003年結成静岡在住、8人組のフレンチスウィングジャグバンド。
ルーツミュージックである「ジャグミュージック」を基本にしながらも、メンバーそれぞれの「ルーツ」ミュージックであるRock、Jazz、Bluesなどから歌謡曲まで幅広いジャンルを独自の解釈でアレンジし、老若男女を踊らせ続けている。極上のエンターテイメントが詰め込まれたお祭りライブで、愛と笑いと少しのロマンチックをお届けする静岡屈指のライブバンド。1st Album「MaCWORRY HILLBILLIES」、7inch vinyl「MaCWORRY HILLBILLIES.ep」(ホイッスルレコード)、こだまレコードより「ナイトコネクション」発売中。

https://soundcloud.com/user-648968834

TENDER ABUSE

2018年7月に静岡県東部にてEVILS OF WAR,TO THE EDGE等のメンバーで結成の5ピースハードコアバンド。
結成一ヶ月後の8月には都内にて初ライブをし勢力的にライブを重ね年末にはNERDS FEST 2018に初参戦。結成して間もないながらTERROR,STICK TO YOUR GUNS,THE ACACIA STRAIN,EARTH CRISIS等の海外アーティストとの共演もはたしている。
2018年3月には結成半年ながら1st album「eat shit die」をFILM LOUNGE APARTMENTよりリリースし只今全国ツアー中。
サウンドはストレートアップでメロディックな要素もありつつ疾走感のあるパートからNYHCを血筋とする凶暴な落としの展開で攻め立てるEAST COAST SHIZUOKA ASSAULT!!

THE WARPS

メンバー全員静岡生まれ。
幼なじみとその弟。
それぞれ東京、大阪からの帰郷を期に地元静岡でTHE WARPSを結成。
現在静岡で活動中。
まだまだ発展途上の荒削りのロックンロールバンド。
2017年にファーストEP"WARPMANIA"をリリース。ティータイム山本とのコラボ曲TMCも同盤に収録。

Deep-in-Side

DJs Kazuyoshi,Ishikawa,Uuu + Special Guest DJ
毎月第1土曜日静岡ラジシャンにて開催中。

https://soundcloud.com/djkazuyoshi
https://soundcloud.com/kazuo_ishikawa

FLA

CITY BOY
NSG
icepikk
AYUSTET

LOOSEN

[ RICE-T SHOSUNRISE ADOHAR IKKI ]の4名により2017年にスタート。
DJ/BeatMakerにスポットを当てたPartyとして静岡を拠点に活動中。
現在までにNick Wisdom、Aaron DRM、FONIKS、DJ KENTA、Olive Oil、Aru-2、illsugi、lee(asano+ryuhei)、JJJ、BudaMunk、Chily-T、などをゲストに招きFRESHなパーティを建設している。
F.O.S.2019には、LoosenクルーでDJ出演。

It's A New Day

KMC&K4とイカしたマイメン達でお届けする2ヶ月に1度の静岡0548 STYLE HIP HOP PARTY

KMC
ラッパー、静岡県吉田町に生まれて18歳から東京に住んでる。2010年 1st Album「東京WALKING」2015年 2nd Album「KMC!KMC!KMC!」2017年 KMC&STUTSプロデュースによるミックステープ「LET'S BREAK THE NIGHT,TOGETHER」リリース。2018年 自身のBAND「SYMBOL」での活動開始、現在3rd ALBUMの製作を始めている。


K4THQUARTER
BEATMAKER、MC、ツチノコプロCEO
https://tsuchinoko-pro.bandcamp.com

M.P.C

M.P.C(Miami Panama Colombia)
ピーチ岩崎が2014年静岡Rajishanにて立ち上げた全方位ヴァイブスオンリー、ノーボーダー、アティテュードのみラテンなパーティー。
渋谷虎子食堂、江の島オッパーラでの出張開催も行っている。

ピーチ岩崎soundcloud
https://soundcloud.com/peachiwasaki

ノウマンジノヘン

春秋彼岸年2回、静岡rajishanにて、縁繋ぎ、音繋ぎ、此岸から彼岸までをお題に、2017年より最高なゲストDJ陣お迎えして精進中!

ROYALITY

DJ RIKI
2013年より本格的にDJ活動を始める。
10歳の頃に見た”Eminem”主演映画”8mile”を見てHIPHOPと言う音楽、アメリカの文化、ファッション性に衝撃を受けそれ以来HIPHOPカルチャーの虜となる。
ストーリー性を持って選曲される音は、90'sHIPHOPを始め、甘くセクシーなR&B、現行新譜までを”裏付けされた意味のある繋ぎ”にこだわり玄人から素人まで唸らせる。
又、合間に見せるスクラッチ、ジャグリングを武器としフロアを更に魅了する。
2017年に静岡HIPHOP集団"BLOCKSTA"に加入。
自身の手掛けるイベント"ROYALTY"を2019年5月より始動!
静岡を更に盛り上げようと奮闘中!

TICKET